美と健康の鍵を握る腸内環境にいい食生活とは

国民病といわれて久しい花粉症を含むアレルギーは、腸内環境と密接な関係にあるといわれています。腸内の細菌のバランスが整うとアレルギーは改善し、反対に腸内の細菌のバランスが乱れるとアレルギーを発症しやすくなるのだそうです。ほかにも、便秘や下痢、免疫力の低下など、腸内の悪玉菌が優勢になって起こる病気はたくさんあります。そこから体臭がきつくなったり肌に吹き出物がでたりといった、美容上のトラブルも派生してしまうので、腸内環境の改善は、美と健康を手に入れたい全ての女性にとっての重要項であるといえるでしょう。

生まれたばかりの赤ちゃんの腸内は、誰でも無菌状態だといいます。そこから、口にするものによって細菌に感染して、腸内にも細菌が住みつくようになります。そして健康な体であれば、腸内は善玉菌優勢の状態がずっと保たれ、五十代にかかるころから悪玉菌が増加し始めます。五十の声を聞いたら、今までよりも積極的に腸内環境についてのケアを開始する必要があります。

しかし、昨今では、まだビフィズス菌など善玉菌が多いはずの若者の間にも、腸年齢が高い人が増加しているそう。その原因はさまざまで、ストレスや過労、睡眠不足などが複雑に絡み合っていると言われています。忙しい毎日の中でどれだけ心身的なストレスを避けられるか、または解消できるかは、各々の生活の中で考えていく必要があるでしょう。

ストレス以外の誰にも共通して言える悪玉菌優勢の原因としては、やはり食生活があげられます。欧米型の、肉や高脂肪なメニューは元来、日本人の腸にはあいません。ハンバーガーやスナック菓子もまたしかり。日本人ならではの、昔ながらの和食を食事の中心にもってくるようにしてみましょう。特に、みそ、しょうゆ、納豆、といった大豆の発酵食品は、ヨーロッパの発酵食品であるヨーグルトよりも日本人の腸にあっています。毎日食べ続けることで善玉菌を補うことが可能ですので、美と健康が気になるのなら、積極的に食べましょう。

名古屋で有名な離婚相談所をランキング形式で!

切手買取専門店福ちゃん

田中貴金属が今注目

ダイエット ブログ 食事

当日配達

ページ一覧

  • TOP
  • 美容と健康のための食改善。まずはデトックス食材から!
  • 無理なく美しい体を手に入れるために呼吸への意識を高めよう
  • 健康と美容のために絶対食べたい土用のうなぎ
  • 最良のスイーツは果物!健康と美容のためにもみかんを